小豆島、辿り着くまで

2020年春。緊急事態宣言の中、また支えられたのが小豆島という環境です。

きっと私たちだけでなく島の中にはそんな人がとっても多いはず。

 

山へ登り、海へ出て、釣りをしたり、キャンプをしたり、後にも先にもこんなに島にGWはないんじゃないかと思うくらい(何度もあっては困る)、密とならず島の春をたのしみました。

そもそも小豆島に辿り着いたのは、ここで飲みたい!飲んだらうまいに違いない!場所がたくさんあったから。醸造所ももちろんですが、海での一杯、山での一杯。まだまだビールとともに訪れたい場所があります。

今でこそ地方や離島でのブルワリーも珍しくなくなったけれど、夫がクラフトビール(当時の地ビール)に目覚めた20代前半から全国を飲み歩いた以降10年位は、地方にこのクラスのちいさなブルワリー・TAPルーム付きという場所は多くありませんでした。夫はよくインタビュー等で「全国のブルワリーを飲み歩いた」という表現をしていますが、実際TAPで一番多くを飲めたのは大阪市内など都会の洒落た地ビール・世界のビール専門のバーだったかと思います。

↑地ビールでなければ、いつもこの感じ、すきなのはこの感じ

同時に私は20代後半、結婚するまでを瀬戸内の犬島で勤め、船で5分海向いの宝伝という港町で暮らしていました。今よりもっと海が近くて、漁師さんと農家さんが混在する坂手よりずっとちいさなまち。少なくともそこには移住などという言葉がない時代。扉を開けたら目の前は海、帰宅すると道路では魚を捌くおばあちゃん達と、その痕を狙う猫達が待っていて、扉にはどでかい野菜が入った袋、ひとりで鍋いっぱいの渡り蟹や魚をいただくことが茶飯事。何もなければ家の前に出て竿を海に垂らし、めばるやいかを待つ。というこの上なくしあわせな暮らしをしていました。

↑家の近く、海老干し網

ただひとつ。ここにおいしいお酒があればなー!が心の口癖。その頃は車も持たず、通販という頭もなく、美味い酒はたまに出る市街地でしか口にできないものでした。

夫とも山、海、地方を旅することが多かったけれど、とにかく自分達が今ほしい!のポイントではなかなか地ビールに巡り合うことができませんでした。

 

そんなことが重なり、いざブルワリーを開こうか!という時には「うまい景色・うまいものがある場所(←うまい魚、うまい野菜)」が必須条件として根底にできあがっていました。ちょうど大阪で子育てをはじめ「隣人の顔もわからん場所で暮らし続けられへんなー」というタイミングでもありました。

そこから先は流れるまま小豆島に至ります。

最初は大阪の近場から、関西圏、淡路島、色々と足を運んだけれど、結局ピンと来たのが土地の縁も、人の縁もある小豆島であり坂手でした。私にとっては、犬島・宝伝から毎日みていた大陸、何度も通った場所。すきなことはわかりきっていたので、小豆島については訪問するのも、決断もすべて夫に委ねました。「小豆島にしよ!」結論を言い出すまではすぐでした。

島にきて5年。今は醸造所兼自宅に自然あり、猫が歩き、鳥のさえずりが聞こえ、山と海に囲まれ、毎日それだけで大満足。満足中枢が満たされてしまって、島をうろうろする頻度も比較的少ない私たち。だけど長い目で足を運びたい場所がまだまだたくさんあります。ビールとともに!